MENU

メラニンの生成をおさえるアルブチンを使うとどんな効果があるの?


アルブチンは美白効果の高い成分であり、さまざまな化粧品に配合されています。
この成分はシミの原因になるメラニンの生成を抑える働きがありますし、白い肌を手に入れたいという人におすすめです。

メラニンってどういう性質があるの?

メラニンはもともと紫外線から肌を守るために作られる物質なのですが、そのままにしておくと日焼けやシミなどの原因になってしまうこともあります。
メラニンが黒くなるのはチロシナーゼという酵素の働きであり、チロシナーゼがメラニンを酸化させることでメラニンが黒くなってしまうのです。

アルブチンの働きは?


アルブチンにはチロシナーゼの生成を抑えることができますし、メラニンが黒くなってしまうのを防ぐことができるのです。
そのため紫外線を浴びてもメラニンが黒くなる前なら肌を白くすることができると言われています。
この成分はメラニンを黒くするチロシナーゼの働きを抑えることができるため、美白やシミの予防に役立つということです。

出来てしまったシミは期待出来ない

これはあくまでもシミができる前の予防的なものであり、既にできてしまったシミに対してはあまり効果を期待できないでしょう。
ちなみに、シミができてしまった部分はメラニンが集中して生成されやすくなっているため、そのままにしておくとシミがさらに濃くなってしまうこともあります。
そのためシミの部分にアルブチンを塗ることでそれ以上濃くならないように抑えることができますし、綺麗な肌をキープすることができるでしょう。

すでに出来てしまったシミにはハイドロキノン

既にできてしまったシミを消したいという場合、ハイドロキノンが有効とされていますが、刺激が強くなってしまうこともあります。気になる場合はトラネキサム酸>>ホスピピュア最安値ナビ系の化粧品もおすすめです。
アルブチンは肌への刺激が少ないので日頃のお手入れをしやすいですし、シミを予防したいという人におすすめです。

効果を高めるにはビタミンCと一緒に

この成分の効果を高めたいという場合、ビタミンCと一緒に使うと良いでしょう。
ビタミンCにもメラニンの生成を抑える働きがありますし、一緒に使うことでシミが濃くなってしまうのを防ぐことができるのです。
ちなみに、ビタミンCにはコラーゲンの生成を促進して肌のターンオーバーを整える働きもありますし、古い角質を剥がれやすくする作用や肌のくすみを改善する作用なども期待できるのです。

メラニンを作らせない対策!


紫外線が肌に当たると紫外線から肌を守るためにメラニンが作り出されます。
メラニンは肌のターンオーバーが通常なら28日間で自然と排出されるのですが、体調が悪い時や紫外線をたくさん浴びてしまうと過剰にメラニンが作られてしまいます。
それを予防するためにアルブチンの配合された化粧品を使うと良いでしょう。